「Google AdSense マネタイズの教科書」(通称・のんくら本)  〜自分のサイトを愛しているだろうか? 来年への課題

Blog

商品レビューをメインにした雑記ブログを運営していましたが、この1年、見事に転げ落ちました。

アクセスはもちろん、なんとか踏みとどまってくれていた?アドセンスもアクセスの低下をじわじわと追いかけるようにしっかりと減りました。

この2年ほど、サイト運営以外にも手を出したというのもありますね。
やっぱり自分のサイトが一番好き、「自サイト愛」が薄らいじゃったんじゃないかと…。

「自サイト愛」

うっすらとそれは感じていました。
「自サイト愛」がないと、自分らしい記事も書けなくなるし、それ以前に書くのが億劫になってくる。

じゃあ、どうして「自サイト愛」が薄らいでしまったのか?

いくつか思うところはあるのです。
愛が薄らぐ理由が。

提供を受けたレビュー品のリンクが切れたとか、ASPから撤退したとか、そういうレビューブログ特有のめんどいことも起きていたのに目をつぶっていられなくなったからというのもあるし。

旅の記事が書きあがっていないというのもあるし。
夫が「記事にできるでしょ」と行かせてくれたのに、書けていない罪悪感がバリバリと頭を支配するんだ。

欲しくてレビューする気満々で買ったものの、写真も撮らずに放置したまま不要になってしまった、ってものもあるし。

他のことに気持ちと時間を取られたっていうのもあるけど、愛があればおろそかにはならないはずで。

そして、1番の原因は

「ごちゃごちゃし過ぎたから」

ブログを始めた頃とは自分の興味も、生活も変わり、記事の内容も変わってきました。

なので、いろんな内容がありすぎる。

トップページを整えようにもまとまらない。
自分ですら読みたい記事にたどり着かない。

そりゃ、愛もなくなるわ…。

稼いでくれなければ気持ちも離れるしねぇ。
さながらバブルがはじけたミツグくんのようだわ(笑)

というところで出会ったのが「Google AdSenseマネタイズの教科書」、通称のんくら本。

全部で6チャプターがあり、まぁ、どれも見逃せない内容なんだけど、私がしおりをはさみ、書き込みした項目はこの4ヶ所。

”ハイブリッド構造とは?”

これね、図で書かれていてとってもわかりやすい。
なにせ完全右脳派なので、こう書かれているとすぐにそのまま自分のサイトに置き換えてメモってしまいました。

まずできることはまとめページだよな、って、まず行うべきことがわかった。
ちょっとキーワード云々は苦手なんだけど。

”記事には答えだけでなく質問も記載する”

独りよがりな、自分語りではいけないよね。

記事を読み終わってみて「え、自分が知りたかったことが書かれてないじゃん!」とか「これで終わり?」って思う記事って多い。

そこ、突っ込むんじゃなくて、自分にちゃんと置き換えて記事を書こうよ、私。

ただね、テンションだけで書いて吐き出していかないとストレスが溜まり、全く記事が書けなくなるという苦い経験があるので、自分語り場はキープしつつ。

”3つの形態を組み合わせる”

始まりは主婦ブログ?
運良く当たって、ちょっといい気になっていた。

でもね、いろんなものが見えてくるわけよ。
長く続けてきて「オーソリティーサイト」を意識し始めました。

私の周りでは「台湾と言ったらすずめさん」と言われるようになったけど、じゃあ、サイトはどうかと言ったら、かなり怪しい。

自分もそこまできちんと発信できている自信がない。
書いている記事数の割に、読まれていない。

これまでの経験をどのように活かせるか?
そのヒントがこの章に書かれていたと思います。

とにかく図がわかりやすい!
これ、いただいちゃってもいいの?
って恐縮しちゃうくらいです。

A-kiさんはTwitterをフォローさせていただいていて、度々惜しげも無くオーソリティーサイトについて呟いてくださっている、神のような方!

「メンタルは文章に表れる」

知ってる。
知ってた。
知ってるはずだった。

でも、実際に表れている時って気づかないものなのよね…。

今、ここが一番刺さってきました。

そう、自分が自分のサイトを愛してあげないと、他の人から愛されるわけがない。

自分が愛せるサイトを作りたい。
そしてグーグルさんに愛していただいて、アドセンスで成果をあげたいですね。

ミツグくんサイトにすべく。
来年の目標がたちました。

created by Rinker
¥1,998 (2019/03/25 02:57:31時点 Amazon調べ-詳細)
タイトルとURLをコピーしました